« やや、を小頭症にし得る、ジカ熱も、朝鮮人らを経て、日本国民らへうつされ得る 02 | トップページ | アルツハイマー症と、 脳へ侵入する細菌めら 01 »

2016年6月 6日 (月)

友好の約束事をしてから標的を不意打ちする、反社会的な部族倫理員から成る、シナ

友好の約束事をしてから標的を不意打ちする、反社会的な部族倫理員から成る、シナ
友好の約束事をしてから標的を不意打ちする、反社会的な部族倫理員から成る、シナ
ネット記事+論評群 http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :
法務省 koueki-psec@moj.go.jp :
:
☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 菊池医院 0192211620 通報宛先 ttp://www.jinji.go.jp/rinri/ @ これって、相当に危ないよな。
韓国女性らが、
( その社会一般の人々の行動原理の価値序列の観念体系でもある、 その反社会的な、氏族儒教型の部族道徳律からは、 自らの身内部族員らの利益の足しを成す行為として肯定される、 部族倫理的な準義務行為として、 ) 世界各国へ行って、売春をしている事は、もう有名な話だ。 日本、や、台湾、に、 フィリピン、や、 オーストラリア、と、 アメリカ、やカナダ等の、夜の世界で、韓国人売春婦らがはびこっている。 :
http://newsphere.jp/world-report/20160606-1/ ダライ・ラマ14世が、 ドイツの新聞社から受けた会見談の内容が、 欧州で波紋を広げている。 この会見談の中で、 ダライ・ラマ14世は、 ドイツの難民問題に言及し、「 難民が多すぎる 」、 「 倫理的な観点からも、 難民は、期間限定でのみ、認めるべきだ、と、思う 」、と、 自らの見解を述べ、
「 難民の中でも、 特に、 女性や、子供については、 彼らの辛い気持ちに共感する 」、 としながらも、 「 最終的には、 祖国に帰り、 自分たちで、国を再建すべきだ 」 、と、訴えた。 世界経済が、不透明な中で、 欧州でも、自分自身の生活に不安を抱えている人らは、 多い。 自分自身の生活への不安と人道主義の間で板ばさみになっている欧州の人々からの論弁らでは、 「 彼は正しい、と思う 」、等の、 賛同の声らが多い。 チベット出のダライ・ラマ14世は、
1959年に、 チベットと友好協定を結んだ後に、 騙し討ちをかけた、 中国軍の侵略から逃れるべく、 インドの北部のダラムサラへ亡命し、 その後には、 祖国に一度も帰っていない為、 彼自身も、 ある意味では、 “難民”である、と、複数のメディアらで紹介された。 難民であると同時に、 “人道主義の象徴”的な人物でもある為に、 今回の発言は、 殊更 コトサラ 、に、注目を集めた様だ。 :
@ シナは、 和平条約や、友好協定に類する約束事を標的らと結んでから、
その標的らへ、不意に襲い掛かる事を、繰り返して来ている、 極めて凶悪で、 反社会的な、氏族儒教型の部族倫理性を行動原理としている 事に注目!

« やや、を小頭症にし得る、ジカ熱も、朝鮮人らを経て、日本国民らへうつされ得る 02 | トップページ | アルツハイマー症と、 脳へ侵入する細菌めら 01 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544989/65882341

この記事へのトラックバック一覧です: 友好の約束事をしてから標的を不意打ちする、反社会的な部族倫理員から成る、シナ:

« やや、を小頭症にし得る、ジカ熱も、朝鮮人らを経て、日本国民らへうつされ得る 02 | トップページ | アルツハイマー症と、 脳へ侵入する細菌めら 01 »