« 友好の約束事をしてから標的を不意打ちする、反社会的な部族倫理員から成る、シナ | トップページ | アルツハイマー症と、 脳へ侵入する細菌めら 02 »

2016年6月 7日 (火)

アルツハイマー症と、 脳へ侵入する細菌めら 01

アルツハイマー症と、 脳へ侵入する細菌めら 01
アルツハイマー症と、 脳へ侵入する細菌めら 01
ネット記事+論評群 http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :
法務省 koueki-psec@moj.go.jp :
:
☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 菊池医院 0192211620 通報宛先 ttp://www.jinji.go.jp/rinri/ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160604-00010000-wired-sctch アルツハイマー病患者の脳回路を壊す、とされてきた、 タンパク質らの塊の、
アミロイドベータ 、は、 単なる老廃物らの蓄積ではなく、 細菌らとの戦いによって生じた物かもしれない、との研究結果が示された。 アミロイドベータは、 これまで、無価値な蓄積、と、考えられてきた。 アルツハイマー病の治療に関する研究は、 脳の詰まりを取り除き、 アミロイドベータらを消し去る事に集中していたが、 鼠 ネズミ 、と、線虫を用いた最新の研究は、 アミロイドベータらは、 脳へ侵入してきた、細菌らを閉じ込め、 脳を守るべく、仕掛けられた、 頑丈な罠かもしれない事を示唆している。 :
ハーヴァード大学で行われ、 『 Science Translational
Medicine 』誌に研究論文が掲載された、 今回の研究では、 アミロイドベータらを過剰に生成する様に、 遺伝子を操作された鼠らと、 普通の鼠らの両方に関して、 脳に、致死量の細菌らを注入した。 一夜が明けると、 アルツハイマー病の模系として作られた、鼠らは、 アルツ病患者に見られる物とよく似たタンパク質の、 プラーク ≒ 歯垢 、 アカ 、 を生成しており、 プラークらの中心には、 細菌である細胞が、閉じ込められていた。 一方で、 普通の鼠らにては、 プラークを生成せず、早く命を落とした。 線虫でも、同じ様な結果が出た。 細菌や酵母らを注入すると、 アミロイドベータを過剰に生成する個体らの方が、長生きをした。 : 研究致務によると、 脳が感染と戦った結果で、アルツ病が引き起こされている可能性がある。 この仮説は、 論争を呼んでおり、 推測の域を出ないが、 変性疾患な、アルツ病への、治療や、予防に関する考え
方を、劇的に変える可能性を秘めている。 豪州は、 メルボルン大学の神経科学者の、
マスターズ氏は、 『 Science 』誌の取材に対し、 「興味深い」研究結果だと、感想を述べたが、 鼠と線虫を用いた研究な事から、 「人のアルツ病と、直な関係性は、ない」、と、強調している。

« 友好の約束事をしてから標的を不意打ちする、反社会的な部族倫理員から成る、シナ | トップページ | アルツハイマー症と、 脳へ侵入する細菌めら 02 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544989/65882674

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマー症と、 脳へ侵入する細菌めら 01:

« 友好の約束事をしてから標的を不意打ちする、反社会的な部族倫理員から成る、シナ | トップページ | アルツハイマー症と、 脳へ侵入する細菌めら 02 »