« 中国 の 不動産 バブル 関連 409 | トップページ | 中国 の 不動産 バブル 関連 411 »

2011年7月27日 (水)

中国 の 不動産 バブル 関連 410

中国 の 不動産   バブル 関連 410
現実に、
日本は、小渕内閣の財政支出によって、持ち直しかけていた日本経済 を、
橋本龍太郎内閣が、その財政支出の緊縮と増税とによって、 四半期5連続 で、縮小させてしまったのは、
隠しようのない事実ですし、
中国 が、 巨額な財政支出によって、 自国の経済を成長させ続けて来たのも、 隠しようのない 事実 です。

中国でも、どの国でも、
民間の企業ら大勢の投資 が、足りていない 時 に、
政府 が、 その 財政からの投資 を ケチってしまえば、 経済発展などは、有り得ない事に成ってしまって、当たり前 です。

民間の投資が、 控えられてしまっている 分 以上 は、 政府 が、
その財政支出をもって、
補い余してやる他には、
その経済の規模 を 維持し、
拡大させる、
有効な手立て 等、 何もありません。
輸出が伸びる余地は、狭まっており、 例え、輸出の伸びる局面が、多々ある、
としても、

グローバルな輸出合戦に参加する事が、
より 安上がりな 働き手ら の 活用 を 競う、
という事でもある、 現状 からすれば、
日本の給与水準を下げる、
圧力 を 生ずる
面 が、 大きい分、 日本の消費を更に減退させ、
日本のデフレ不況性を促進する、
作用の方が、
そうでない方向性の作用らよりも、
大きい 影響力 を 発揮してしまいかねません。

« 中国 の 不動産 バブル 関連 409 | トップページ | 中国 の 不動産 バブル 関連 411 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544989/40983249

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 の 不動産 バブル 関連 410:

« 中国 の 不動産 バブル 関連 409 | トップページ | 中国 の 不動産 バブル 関連 411 »